茅場町徒歩0分!離婚、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚、財産分与、養育費、親権者、監護者については「東京離婚相談事務所」へ!

再婚


再婚の注意点

再婚する場合には再婚禁止期間に留意してください。
再婚をする場合、男性は離婚後すぐに再婚する事ができますが、女性には、再婚禁止期間が定められており、離婚から6ヶ月を経過した後でなければ再婚することはできません。

女性が離婚後すぐに再婚し、出産した場合、出産した子が前夫の子か再婚した夫の子かどうか不明確になる場合があります。
そこで再婚禁止期間を設けることによってトラブルを未然に防いでいるのです。

※前婚と後婚の推定期間が重ならないため、子の父親が分からないという事態を避けることができます。


子の親の確定

法律では、離婚成立(婚姻の解消もしくは取消し)の日から300日以内に出産した子は、前夫の子と推定され、再婚成立の日から200日を経過した後に生まれた子は、再婚した夫の子と推定されていました。
しかし近年では、離婚後に妊娠し、離婚後300日以内に出産した子が現夫の子であることが、医師の証明(診断書等)により明らかな場合、実父である現夫の子として出生届が受理されるようになりました。


離婚後6ヶ月以内に女性が再婚を許される条件

離婚成立前から妊娠していた場合や、離婚成立後6ヶ月以内に出産した場合のように父親が明らかな場合はいつでも再婚することができます。

また、下記のような場合も離婚後6ヶ月以内に女性の再婚が認められます。

・前夫との再婚
・離婚前から妊娠しており、出産後に再婚した
・高齢で妊娠できる可能性がない
・不妊手術を受けている(妊娠ができない場合)(医師の診断書と証明書が必要)
・夫の生死が3年以上不明で、裁判により離婚を認める判決を得た
上記を含め再婚は重要な事柄です。

当センターはいつでも相談を受け付けています。
お気軽にお電話ください!



▼離婚後の生活▼

戸籍と姓

医療保険

再婚

生活保護

公的扶助